« 2010.0813.14.15 涸沢(上高地~徳沢~涸沢)1 | トップページ | 2010.0817.18 南アルプス鳳凰三山(夜叉神峠~鳳凰三山)1 »

2010年8月19日 (木)

2010.0813.14.15 涸沢(上高地~徳沢~涸沢)2

8月14日未明、天候不良の為、涸沢から徳沢への転進を決定した。
Img_4957

 

テントに入り寝床の整理をしているとフライシートを叩く雨音がさらに強くなってきた。強いなんてもんじゃない。土砂降りだ。雨音はフライシートに穴が開くかと思う位の大音量。そして豪雨と共に涸沢カールから吹き下ろす暴風。穂高岳にぶつかる風斬りの轟音が上空から聞こえてくる。MSRのハバシリーズは風に弱い、との話が聞こえていたので、もしや耐風限界点が近いのではないか、との思いが頭をよぎる程フレームがひしゃげている。思わずテント内からフレームを抑えてしまうほどの風に

「やめて!彼のライフはもうゼロよ!」

と、叫びたくなる。正直、ここまで雨風に吹かれるのは初めての経験なので何をすれば良いのか解らず思考停止に陥る。テント崩壊の恐怖で一睡も出来ない。しかし横を見ると相方はスースーと寝息を立てている。不思議なもので直ぐ横に平常が存在する、というその事実に何故か安心を覚える。頼む、そのまま眠っていてくれ。

何度目かの強風でフライシートのバタつきが更に強くなった。ガイラインが弛んだ様だ。このまま眠ったふりして気付かなかった事にしようと思ったけど自分が直さなければ一体誰が直すのだ?と思い直しレインシャドウJKTを着込み嵐の中、外に出る。案の定、ガイラインをくくりつけた石が崩壊していた。石を積み直し弛んだガイラインのテンションを確かめテント内に戻った。合羽を脱ぎ濡れた体を拭いていると腹が据わってきた。ええい、ままよ。腹が据わると今度は喉の渇きを覚えた。ハバハバの土間で湯を沸かし緑茶を淹れる。不思議なもので腹が据わると写真を取る余裕すら生まれるのだ。

Img_4946

そして体が温まると睡魔が襲ってくる。ウトウトとすると暴風雨に起こされフレームを内側から支え、また睡魔が…

そんな感じで明け方まで2回ほどテンションの張り直しの為に表へ出たり、ウトウトしたりで朝を迎えた。

 

昨夜ほどでは無いにしろ暴風雨に晒される2日目、朝の涸沢。

Img_4950

明け方2人で話し合った結果、徳沢まで下ることを決めた。朝食をソイジョイとミルクティーで済ませる。まだ風が強くテントの撤収作業は難しいので風の収まる時を見計らって作業を開始しして徳沢へ転進した。

Img_4961

Img_4963

撤退と停滞している登山客で溢れる横尾を通過して徳沢まで一気に下る。豪雨の中、滑るトレイルを下って来た為、相方の体力の消耗が激しい。もう少しの辛抱だ。徳沢に着いたらまず飯を頼もう。そうだ、カレーでも食おう。

Img_4965

腹を満たしたあと幕営料を払い表へ出ると雨が止み明るくなっている。頼む、このまま晴れてくれ。一刻でもいい。そうすれば今回の転進が正しかったと思える。幕営地に移動して濡れたテントを張り急いで濡れた寝袋や靴、衣類等を乾かす。

Img_4973

この散らかった荷物を見てるとGolite Jamに色々入るものだな、と感心する。

賑わう徳沢園テント場。

Img_4998

テント内でゴロゴロ過ごす。眠い。昨夜は寝てないからね。

目が覚めると17時。晩飯の準備。

Img_4994_2

Img_4975

Img_4993
   

食事を終えると雨が降ってきて。結構な本降りだけど昨夜の嵐の事があった後だけに気にもならない。風が無いだけ快適にすら思えるから不思議だ。精神的にタフになった、って事かな。19時位までウダウダして就寝。そして朝の8時まで爆睡した。

 

目が覚めると周りのテントはみんな撤収作業中。自分らは今日は帰るだけなのでのんびりと。ソイジョイとコンソメスープの朝食を摂り10時過ぎ撤収。帰りも徳沢園のソフトクリームを食べる。

Img_5004

上高地のおいしい水。

Img_5015 Img_5011

明神にて。

Img_5019Img_5027

Img_5032

Img_5035

Golite Jam2とサコッシュと今治マフラー。

Img_5037

Img_5044

山から帰ってきて体重が増えた山行は初めてだった。次回は是非、晴れてる時に再訪したい。奥穂高もその時に。お疲れ様。

 

考察1:今思うと風に弱いMSRハバハバHPのH型フレームは上手くたわむことに因って風を逃がしていた気がする。フルで8箇所(他の人のハバハバは6箇所留めが多かった)ガイラインを張れば何とかなるのかも、と思った。さらなる対応策を。

考察2:夜中のテント内気温が13℃。ハイカーズ・デポのトップキルトにダウンジャケット、Skins+ORのショーツ、スマートウールのニーウォーマーで過ごしたけど下半身が少し寒かった。要は上下バランスの問題。就寝着及び室内着も意識してみる。

考察3:関係ないけど徳沢のテン場の芝生はふかふかで気持ちが良い。次回もここで1泊したい。

 

« 2010.0813.14.15 涸沢(上高地~徳沢~涸沢)1 | トップページ | 2010.0817.18 南アルプス鳳凰三山(夜叉神峠~鳳凰三山)1 »

北アルプス」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんは。
お盆休みにまったく同じ日程で過ごした者です。
こちらは広島から12日の夕方出発して13日の朝、あかんだなから上高地→涸沢。
14日に奥穂高アタックの予定でしたが、あの悪天候で涸沢から下山→徳沢に午後1時位に到着。
こちらはマザハバHPのテントでした。
すぐ近くにテント張ってましたよ!
そちらのハバハバHPも確認して、MSRつながりなんで声をかけに行ったんですが、不在でした。
また機会があれば涸沢でお会いしましょう(笑)

まなぶさん、コメントありがとうございます。

まなぶさんのマザハバ、こちらでもMSRつながりでチラ見してました。こちらも不在中だった、との事に残念です。お話伺いたかったです。

それにしても涸沢でのあの暴風雨には参りました。あの嵐の中、マザハバは大丈夫でした?自分は一睡も出来なかったので徳沢が天国に思えました。

今度こそ奥穂高の頂上でお会いしましょうw

13日の夜の暴風雨の中、一度だけガイラインのテンションを確保しにテントの外に出て、あとは前日からの疲労で案外ちゃんと寝れましたよ。

マザハバはかなり揺れてましたが(笑)損傷は皆無でした。

ほんと徳沢は天国でしたね。

芝最高!

涸沢帰ってきてから腹が据わりました。今後は稜線だろうが何処だろうが、風に弱いと言われようが山岳テントじゃないと言われようが、”やれば出来る子”のハバハバを連れ出そうと思っています。何事も経験ですね。

と、言いながら芝生のテン場をさり気無く探しています。この軟弱者めw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/36251591

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.0813.14.15 涸沢(上高地~徳沢~涸沢)2:

« 2010.0813.14.15 涸沢(上高地~徳沢~涸沢)1 | トップページ | 2010.0817.18 南アルプス鳳凰三山(夜叉神峠~鳳凰三山)1 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ