« 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)2 | トップページ | 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)4 »

2010年11月12日 (金)

2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)3

早朝にて。

RIMG0563

 

目が覚めた。不自然な位の静寂。静かすぎて起こされたのだ。昨晩、目覚ましをセットしたけれども途中で解除にした。山深き森の中、電子音で起こされたくなかったのだ。それでも自然に目が覚めた。静かだな、と思ったら鳥の鳴き声が全くしない。もちろん鹿の声も。たまに聴こえるのは小動物か何かが動く小さな音。顔を横に向けシェルターの隙間から入り込んでくる冷気を鼻腔一杯吸い込む。鼻の頭が冷たい。ネックゲイターを鼻までずり上げた。それにしても静かな朝だ。

寝付きが悪く何度か起こされたけれども明け方に1時間ほど深い眠りを得た。それで十分だった。しばらくまどろんでいたが不自然な静寂に退屈してくる。自然の中にいて不自然というのも変だけれど。僕はミュージックプレーヤーをセットしてトランギアに火を入れた・・・

RIMG0554

 

 

抹茶を飲みながら玄米の雑炊を作りそれを朝食とする。今日はこのまま長沢背稜を抜けて日原集落へと下る。11:35発の奥多摩駅行きを何とか捕まえたい。コースタイムで5時間半を見ているので6:00に出発すれば間に合うだろう。ここで始めてシェルターから這い出し外へ出た。結露が氷結しているのが始めてなので少しはしゃいだ。それにしても一晩でだいぶテンションが抜けてる。デロデロだ。

RIMG0569

跡を濁さず撤収する。こうやってみると人間も魚もナーバスになるとストラクチャーに付く事が解った。根がかりを恐れていては釣果は上がらないのだ。

RIMG0575

RIMG0573

ぐだぐだしてたんで予定より22分遅れで長沢背稜トレイルに向かう。

RIMG0576

気温0℃。手袋を装着して日原集落を目指す。

RIMG0580

水松山を越えて返り見る。

RIMG0583

途中、戦国時代の山城のような立派な空堀があった。人工的に作られた訳では無いはずなので、まさに天然の要害だ。

RIMG0585

RIMG0588

RIMG0591

何やってんだ、おい、って本当に声が出た天祖山。だってまだ生きてるのに。痛々しい。

山には山の事情があるのは解るけど・・・

RIMG0595

ヘリポート。必要な事情があるのだろう。

RIMG0596

7:15、タワ尾根入り口(多分)をチェックしておく。

RIMG0599

7:38、行福ノタオ。気温3℃。

RIMG0601

RIMG0604

8:04、酉谷山避難小屋。誰もいない。

RIMG0613 RIMG0612

長沢背稜名物「オールド・ファンタ缶」

RIMG0614

8:42、七跳尾根分岐。

RIMG0616

ハナド岩にて。

RIMG0624

9:40、三ツドッケ。そして一杯水避難小屋。ここで休憩を取る。ここまで誰一人会うことがなかった。これが長沢背稜”奥多摩裏銀座縦走ルート”の魅力だと思う。

最後の饅頭を食べて下りに備える。ここまで来たらあとはヨコスズ尾根を下り日原集落まで。バスは間に合いそうだな。

RIMG0625

奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)4へ続く。

 

« 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)2 | トップページ | 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)4 »

山(ソロ)」カテゴリの記事

奥多摩」カテゴリの記事

コメント

あぁ、絶妙なドレープを描くシャングリラを見ていると、
床無しシェルター宿泊の誘惑に駆られてしまう自分がおります。

それにしてもjackieさんの赤い帽子姿、キュートですね。
私も全身黒尽くめという葬式参列者のような色合いから脱して、
ポップな色合いのウェアに身を包んでみようかしら?
そうすれば熊と間違って猟銃から狙われる心配が減るかも・・・。

ようようさん、どうもです。

今回、落ち葉でシャングリラ1と地面の隙間を埋めたのでとても暖かく過ごせました。
ホントに良いシェルターです。

>jackieさんの赤い帽子
BlackRockGearって所のやつです。
paypalでポチりました。近々、黒も仲間入りする予定です。
フードレスのHiker's Depotダウンバッグを使っているので頭部の保温力upの為に買ってみたら正解でした。

こんにちは、
私もその前夜にそのあたりで、やはりひとりで、
やはりKeith Jarrettの、でも、少し賑やかな曲Gypsy Mothを聴きながら、
酔って体を揺らしてました。

どこかの山でお会いする日を楽しみしています。

あの辺りは本当に静かでしたね。
不自然な静寂に退屈した、などと気取っていますが
あの無音の朝にキースの硬質なピアノは絶対に決まる、と思い当ててみました。
結果は、最高でした。

Gypsy Mothですか。「最後の審判」は未聴でした。
でもメンツと録音年を見れば聴かずして良さが解りますねw

あのダウンの帽子はカワイイけど
自分には使い道がないかなと思ってましたが、
寝る時にも使えるってのは勉強になりました。
タマラック使ってフード付きダウンジャケット持ってないaiaiに買ってあげる理由ができましたありがとうございます!

>買ってあげる理由ができました
よかったです。この理由付けと言い訳が一番むずかしい。
ウチも奥さんにもう一個買ってあげました。

やはり行動中には向かないですね。
あの写真とった後すぐ毟り取りましたよ。
Mサイズで実測26g。ウールのビーニーより軽いし丸めて小っちゃく出来ます。
それに持っててなんかうれしい。←これ大事

以前のそちらの記事のaiaiさんの買い物見てペンドルトンの耳あてを昨日吉祥寺で見てきました。
昼間は帽子なしの耳あてだけ、ってのも、素敵だなぁ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)3:

« 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)2 | トップページ | 2010.1106.07 奥多摩裏銀座(長沢背稜をゆく)4 »

フォト

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ