« 2011.0409.10 奥多摩Deep South 笹尾根歩き3 (三頭山から高尾山) | トップページ | G.W 涸沢Strut、事始め。 »

2011年4月26日 (火)

2011.0424 北高尾 OneDayハイキング(陣馬山、景信山)

新緑眩しい春の山。北高尾ハイキング。

RIMG1638

ガマズミの葉?ですかね・・・

 

陣馬高原下BS~陣馬山~明王峠~景信山~小仏

 

GW遠征の脚慣らしとして奥さんを連れて北高尾へ。数週間前に1人(2人?)で歩いた東京トレイル・陣馬山エリアのセクション・ハイキング。

陣馬高原下の集落を抜けて沢沿いの林道をゆく。

RIMG1626

和田峠方面に歩く事、20数分。左に流れる沢筋につられるように入山。

RIMG1631

そこは新緑眩しい北高尾。ブナ種の原生林も結構、残ってる。

RIMG1633

RIMG1639

横縞の樹皮が格好良い。

RIMG1641

植林と原生林の境界尾根。

RIMG1648

あともう少し。

RIMG1662

で、こっちは満開、山ツツジ。

RIMG1660

RIMG1674

RIMG1666

森が開けてくればもうすぐ陣馬山。

RIMG1669

十代君、今日も元気にそそり立つ。

RIMG1688

貴重なバックショット。

RIMG1692

奥多摩方面を望む。前回はあの稜線を歩いてきたんだよなぁ。

RIMG1691

RIMG1696

陣馬山の山頂を後にして景信山へ向かう途中の僕等を発見して声を掛けてくれたのは今年の2月に奥多摩DeepWestを一緒に歩いた@omahdこと、高尾のナチュラリスト・ハイカー、アキラさんだ。

Srimg1699

高尾ハイクの予定を話していたので逆ルートから追っかけて来てくれたようだ。そういう場合は意外と会えない事が多いのでここでの再開は素直に嬉しい。(前日に三鷹のお店で会ってはいるけどね)

自宅から北高尾山稜を歩いてきた、との事。北高尾山稜?なんだ?と思い地図を見ると高尾から景信山へ向かう高尾主稜線の北側に並行してもう一つの稜線が走っている。これが北高尾山稜。このトレイル、何が良いかというとまず名前が良い。直球だ。小さな上り降りが嫌らしいが週末でも静かな山歩きが楽しめるトレイルだという。さすが高尾ローカル。中々渋いトレイルを歩いて来る。こうやって改めて高尾エリアを眺めていると意外と広い山域なのが解る。北高尾もそうだけど南高尾も含めると相当遊べる。今年は高尾をもう少しDeepに歩いてみようか。

ここからアキラさんも合流して景信山に向かって3人でのハイキング。アキラさんのインテグラルのバックパックと比べて嫁のJam2が大きいのは1泊道具を背負ってのトレーニング中の為。僕もMLDのNewt(28L)での1泊フル装備パッキングで一緒にトレーニング・ハイク。 

RIMG1700

RIMG1705

途中、嫁の膝痛が発症したりもしたが無事、景信山に到着。景信山と言えば名物の「なめこうどん」。こいつが僕等の昼飯だ。

RIMG1706

Srimg1708

なめこうどんを食して休憩後、小仏方面を目指して下山開始。景信山を後にした後も嫁の膝痛は消えず騙し騙しで小仏ルートを下る。

RIMG1712

嫁のペースが遅くなりアキラさんに待ってもらう場面が増えてきたので気にせず先に行ってもらう。嫁よ、あと少しだ。

時間を掛けてなんとか車道まで降り立つと先に行ってもらっていたアキラさんが待っていてくれた。悪いね、でもありがとう。嫁の膝も大分良くなってきて小仏BSまで3人で歩いていると嫁の膝を気遣ってかアキラさんが高尾の自宅に寄って行くかい、と招待してくれた。息子さんともLee(ボーダーコリー)とも再開したかったので是非、ということでおじゃまさせてもらった。薪ストーブのあるとても素敵な自宅で奥様から珈琲や紅茶をごちそうになり楽しい一時を提供してもらった。どうもご馳走様です。

RIMG1717

アキラさんとは先月、八ヶ岳ハイキングを中止にした経緯があったので再度調整して挑もうと約束。今度こそ一緒にハイキングしようぜ。ほんじゃね。奥様もありがとうです。

高尾駅から調布に戻りてんやのオールスター天丼を捕食。帰りにストレッチの本を購入して帰路に着いた。

 

今回は高尾山をエスケープして北高尾エリアだけのハイキング。今までワンデイ・ハイキングには興味なかったけれども今日みたいなハイキングだったらまた行きたいなぁ。

P.S さんぽ兄さんに会えなかったのが残念!

 

1300632571_2

--------------------------------------------------------------------

Justgiving「ハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援」

今、自分が出来る範囲で。一人より皆で集める元気玉。

--------------------------------------------------------------------

 

 

« 2011.0409.10 奥多摩Deep South 笹尾根歩き3 (三頭山から高尾山) | トップページ | G.W 涸沢Strut、事始め。 »

山(複数)」カテゴリの記事

高尾」カテゴリの記事

コメント

先日はどうも!おかげさまでとても楽しいハイキングになったよ。奥さんの膝が心配だけどストレッチで回復することを祈ってます。今はLeeがまだ完治してないので自粛中だけど、次回は必ずLeeも一緒に歩こう。

あの馬にはそんな名前が付いていたんですね。初めて知りました。
確かにバックショットは貴重かも。かわいいです♪
葉の写真、キレイ。素敵です。

akiraさん、どうもです。

先日はご馳走様です。
今度お伺いする時は何か手土産でも持って行きますよ。
犬を亡くしてから初めて犬と触れ合う機会があったので
Leeとの絡みに素直に喜んでいました。

よし、今度は山シャチも一緒に山歩こう。
 

96さん、どうもです。

僕も最近知りました。
でもあの彫刻に対して誰も突っ込まないんですかね。
まんまじゃないですかw

最近、高尾山域にいっているのでそろそろ奥多摩に戻らないとw

日帰りだなんて珍しいですね~
この日は私奥多摩でした・・・
最後まで十代君と悩んだのですが・・・
陣馬山は高尾山からしか行った事がなかったので
今度は是非、ユルハイクで行って見ます
って早く行かなきゃ暑くなるな・・・

しかし、しかしですよ
十代君、そそり立つ姿もアレですが
後ろの垂れ下がる尻尾の姿もアレですなぁ

いつもブログがアップされるのを楽しみにしてます。
ツツジの後の明るい林はやはりブナ種ですか?
いい感じの雰囲気ですね!

奥様の膝心配ですね。私も弱いんですが、ゴムチューブを使って膝周りの筋肉を
鍛えるとかなり楽になってきました。
一応専門書をお読みになり、試してみるのもいいかもですよ。

>samantha802さん、どうもです。

奥多摩だったようですね。それも御前山ですか。
どうやら山ではお会いできませんねw
たまには日帰りハイクも良いですね。
高尾山を外して高尾周辺に目を向けると結構楽しめそうですし。
あと何と言っても調布から特急で28分ですから。
オクタメン返上で今後はハイ・テイラーとしてやっていこうかとw

>yoshiさん、どうもです。

意外と高尾も原生林が残ってるんですね。
それも東京側に多かったように思いました。
高尾は奥多摩よりも標高が低く
生息している樹木も微妙に違うようなのでもう少し勉強してみようかと。

ご心配ありがとうございます。
嫁の膝痛の原因は判明したので目下修復中です。

お会い出来ずに残念。
でもこの向こうの青空の下あの3人は会ってるんだなぁ〜と思ってましたよ。
この日は私も一泊装備で歩いてましたw
omahd_cafeeいいですね!
今度また!

さんぽ兄さん、どうもです。

高尾トレーニングのお陰か嫁は涸沢ハイクを何とか歩き通す事が出来ました。
それもひとえにさんぽ兄さんに高尾で埋められなかったお陰だと思っておりますw
涸沢ハイクも無事に終わり、もう埋められても構わなくなりましたので
次回は是非、ご一緒してください。

その時は僕のトランギアとさんぽ兄さんのストーブをこっそりとすり替えて・・・(ニヤリ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/39755388

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.0424 北高尾 OneDayハイキング(陣馬山、景信山):

« 2011.0409.10 奥多摩Deep South 笹尾根歩き3 (三頭山から高尾山) | トップページ | G.W 涸沢Strut、事始め。 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ