« R.I.P Gil Scott-Heron | トップページ | R.I.P. Ray Bryant »

2011年6月 5日 (日)

2011.0515 Hiker's School 『地形を見る、地図を読む』 in タワ尾根、その後に。

5/15早朝。とある駐車場の脇のスペースにて。

RIMG1660

ここからは前回の続きの話。

東日原BSで17:22出発のバスに何とか全員乗り込む事に成功。皆さん、お疲れ様でした。この時、僕は東日原バス停で待ち合わせをしていたishizuccaさんと合流。(実は彼が出発寸前のバスの運ちゃんに事情を説明して出発を引き止めてくれていたのだ。感謝!)。実は僕の講習後に合わせて彼とは一杯水か酉谷山にでも上がって1泊、という予定を立てていたのだ。本当は15時頃に終わる予定だったけれども実際に終わったのは17時過ぎ。この時間から長沢背稜に上がるには時間的に無理そうだし。ナイトハイク?いやいや無理ですw。なので途中下車、とある駐車場にてビバークする事にした。

RIMG1633

同じ駐車場にいた沢屋さんやフィッシャーマンも車内泊するとの事なので僕等は駐車場脇のスペースにてタープ設営。小場所な為に無理くりタープ連結と相成った。設営と同時にishizuccaは寝床に潜り込んでしまった。眠ってるの?いや、「山と道 U.L.Pad15s」の寝心地を調べているのだ、と彼は言った。

RIMG1663

僕の寝床。汚いw。

スリーピングパッド  : Therm A Rest Ridge Rest S / 239g
スリーピングピロー : Montbell UL Comfort System Pillow / 66g
スリーピングバッグ : Hiker's Depot Down Bag / 579g
         
タープ                  : Integral Designs Sil Poncho / 242g 
ペグ                    : MSR Needle Stake × 10 / 90g
グランドシート        : AMK Heatsheets Blanket / 66g
ガイライン             : 1mm&2mm Dyneema Guylines / 46g   

RIMG1671

同じ駐車場でビバークする事になったメンバーも合流して宴会。

RIMG1634

澤乃井を手酌でやる。

RIMG1638

カレーをご馳走になりました。旨し。

RIMG1640

宴会後、寝床に戻ってからも静かに盛り上がり深夜1時頃にようやく就寝。おやすみなさい。

RIMG1645

起床。めちゃくちゃ寒い。気温は4℃なのに何故だ?寝袋から出るのが億劫だ、という事で杉良太郎ばりの流し目でグッドモーニング。

RIMG1653

ぬっくぬくの寝袋を這い出る。そして何時もの朝のようにトランギアに火を入れて湯を沸かす。

RIMG1676

目覚めの珈琲を一杯。これで少しは身体が暖まっってきた。それにしも今朝は良く冷える。
駐車場に出てみると米を炊いている匂いが漂っている。その匂いを嗅いで一気に腹減りモードなので今日のテーマでもあるトランギア・ミニセットのフライパンを使ってのベーコンエッグ・ロコモコの調理に取り掛かる。チュンレスさんから頂いたマイクロバイツが今日の調理のモチベーション。Thanks!

RIMG1680

ベーコン炒めーの。

RIMG1681

タマゴを地面にひっくり返しーの。

RIMG1682

めげずに焼きーの。

RIMG1683

出来上がりーの!

RIMG1684

・・・今日はこれ位で勘弁してやろう。

RIMG1685

皆さんにベーコン振舞った代わりに炊きたて白米を戴いた。先程のベーコンモダン焼きwが僕の朝食。皆さんは昨晩のカレーを食べてたりしてました。

 

ここで仕事の皆さんと別れて僕等も撤収。そしてishizuccaと今日の行程を協議した結果、百尋ノ滝経由、川苔山ハイクに決定。川苔山を目指して林道を行く。

RIMG1690
(僕のJam2を背負うishizucca。重い、とか言わないw)

RIMG1698

新緑ハイキング。

RIMG1701

~ 川苔山小屋跡にて ~

ズッカ、山頂には行かないの?

行かないですね。

なんで?直ぐだよ。

ジャキさん、そういう人なんですか?

・・・。

ということで川苔山山頂を華麗にスルー。

RIMG1711

眠い目をこすりながら何とか下山。

RIMG1712

三鷹、大戸屋にて遅めのランチ。お疲れさまでした。

RIMG1713

今回はハムエッグを作る、ってのが裏テーマでもあった。一応、フライパンを使えたので今度はちゃんと美しく作りたいな。

Flickr

こちらも

A Tribe Called Quest / Ham 'N' Eggs

1300632571_2

--------------------------------------------------------------------

Justgiving「ハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援」

今、自分が出来る範囲で。一人より皆で集める元気玉。

--------------------------------------------------------------------

« R.I.P Gil Scott-Heron | トップページ | R.I.P. Ray Bryant »

奥多摩」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

講習会のあとに泊まりとは!
どこにいくのかなぁと思ってました。

ロコモコのリカバリーとYouTube選曲、見事ですw

さとさん、どうもです。

その節は、どうもw
予定より終わるのが遅くなったので山中泊ではなく
駐車場泊になりトホホなタープデビューになってしまいました。
そしてせっかく苦労して作ったロコモコも写真撮り忘れてるし散々ですよ。

HipHopは現代のBluesだ、と思って聞いていた時期がありました。
アレステッドとかデラとかのアーシーなヤツだけね。

あと、お前が作ったのはハムじゃなくベーコンだろ、というツッコミは無しでw

初めまして、~笑~と申します。

先日、川苔山(川苔橋)から鳩ノ巣へ歩いてきたのでコメントさせていただきます。

私、登山は全くの素人(初心者)なもので、思いつきで8月に登ったら暑くて倒れそうでした^^;


やはり、季節を選んで行かないとダメなんだなと思い知らされました。

また寄せて戴きます。。。

笑さん、はじめまして。そして、どうもです。
以前から笑さんの素敵なプロダクトをブログでお店で拝見してましたよ。
僕もウッドストーブとか使いこなせる大人になりたいなぁ。

川苔山ですか。夏場の奥多摩は厳しいですよね。
下りも植林帯で長いですし。
でも、雲取山とかは下よりも気温が10度は低いのでもう涼しいかも。
今年も秋冬は奥多摩行きますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/40226105

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.0515 Hiker's School 『地形を見る、地図を読む』 in タワ尾根、その後に。:

« R.I.P Gil Scott-Heron | トップページ | R.I.P. Ray Bryant »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ