« Patagonia Polarized Tee (パタゴニア・ポラライズド・ティー) | トップページ | Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) »

2011年6月18日 (土)

2011.0605.北高尾 OneDayピクニック(陣馬山~陣馬の湯)

Tuneless亭主こと、ハヤトさんと急遽、北高尾にある陣場山にピクニックへ。

RIMG1750

 

1ヶ月前のGWの涸沢ハイキングにご一緒したTUNLESS MELODYのホッタ家とようよう家との打ち上げ&飲み会を6月5日に企画。時間が合えば3家族でハイキングも悪くはないな、と。その日の3夫婦のスケジュールを確認すると、その日はプロ野球観戦に行く夫婦あり、午前中にちょっとした仕事の予定のある奥様あり、昼間に仕事が入り夜しか空いてないウチの嫁あり、と皆さんお忙しのご様子だったので5日は夜の飲み会のみ、と言う事になった。そんな中、昼間から暇な僕とTuneless亭主こと、ハヤトさんの二人だけで軽く高尾山にデイハイクにでも行きますか、と話がまとまった。夜の打ち上げにも参加予定のズッカさんも高尾ハイクに声を掛けたけれども、急遽予定が入り行けなくなったので(夜は参加組)結局、2人での高尾ハイクに相成りました。それじゃ明日、高尾駅で待ってるぜ。

RIMG1732

翌日、午前10時前に高尾駅からバスに乗り込み陣馬高原下へ。バス停を降りてから登山口までは20分ほどの林道歩き。気温と湿度は上昇中。だけど横を流れる渓流から上がってくる涼しい冷気が心地良く不快指数を下げてくれる。

RIMG1738

RIMG1746

杉の植林から原生林のトンネルをぬけると・・・

笹尾根をバックにした陣馬山のシンボル「十代君」。

RIMG1749

まずはCold Beverageを求めて売店へ。夜の打ち上げがあるのでココは赤コーラで乾杯。ゲップでみんなにSay Hallo!!!。黒いTシャツに赤の小物はロック・イメージ。陣馬&The Trail Rockersなのだ。

RIMG1756

Six Moon DesignsのGatewood Cape (Bric Red)を雨具として持ち込んだTunlessハヤトさん。せっかくなので棒切れを探してきて陣場山山頂にて設営。

おぉ、これ、かっこ良いなぁ。Google先生でもBricRedの画像を他に探せないでいたので初めて見れた。色味的には真っ赤ではない。Equinoxの赤シルナイロン生地に近い感じ?悪くはないです。

RIMG1763 

Six Moon Designs Gatewood Cape (Bric Red)

意外に室内はルーミー。きっちり設営したわけじゃないので隙間も空きまくりだけど、コレ実戦的な感じがする。欲しい。

Gatewood Capeに入ったり揺すったりとひと通り弄った後はブランチの用意。今日はSP450でのパスタ作り。今までパスタを食べたい時はトランギアのミニセットでボイルをしていたけれども、ミニセット自体が結構大きくパッキングに苦労するので出来ればSP450で作ってみたいな、と。リッチ生パスタなら柔らかくて折れ曲がるからSP450でも大丈夫のはず。4分間のボイルでアルデンテに仕上がるので乾燥パスタよりアルコール燃料も低燃費ですむ。もちろん茹で汁はコーンスープで再利用しますよ。

RIMG1766

まずはリッチ生パスタを折り曲げてSP450に投入。ボイル開始。

RIMG17764

茹で上がったリッチ・生パスタと「まぜりゃんせ・ペペロンチーノ」をZipLoc・Cozyに入れてシェイク。茹で汁をクピルカに注ぎ淹れる。

RIMG1777

今日の山ブランチ、ペペロンチーノとコーンスープの出来上がり。旨し。

RIMG1779

Tunelessハヤトさんは小さめのバケットにオニオングラタンスープ。ただのオニオングラタン・スープとは違う。オニオンペーストを追加で投入する事でタマネギ感のブーストに成功している。これは旨そう。調理で使っていたカルデラコーンは湯が沸くの早いし、格好良いし。カルデラ欲しいなぁ。

RIMG1775

食後、帰りの行程の打ち合わせ。僕が温泉に行きたいので山と高原地図で近場の温泉を探すと、栃谷尾根を下ったところに「陣馬の湯」を発見。入浴後、駅まで歩かされるのが気掛かりだけど、よし、決定。栃谷川に向かって栃谷尾根を下っていく。

RIMG1783

”流石にヌル過ぎてハイクを名乗るのが申し訳ないね”

”いや、ジャキさん、今日はピクニックですよ。ピクニックって開き直れば良いんじゃないですかね”

”おい、ハヤト、それは大発明だよw”

RIMG1786

魅力的な山上集落を抜けて更に進む。

RIMG1791

栃谷尾根を下ったところ、栃谷川沿いに建つ陣渓園、「陣馬の湯」に到着。日帰り入浴はお一人様900円ナリ。

RIMG1792 RIMG1796

入浴後、お茶を頂きながら暫し寛ぐ。

RIMG1797

これからの問題は駅まで歩くかタクシー呼んでもらうか。出来ればこれから汗は掻きたくないなぁ。なので旅館の人に声を掛けてみると今回は特別に1人300 円で駅まで送ってくれるという。おぉ、これはツイてる。ありがとうございます。バスに乗り込み駅に向かう。こういったちょっとした幸せがぶらりハイクの楽しみの1つ。
5806406661_e657203384_b (Photo by Tuneless)

JR藤野駅から電車に乗り、三鷹で下車。三鷹のお店でaiai&ウチの嫁、ズッカさんと合流。

RIMG1799

三鷹のハイカーズ・カフェこと、居酒屋「栄ちゃん」にて乾杯。途中からようよう夫婦と三鷹店主とシンさんも参加。山の話は殆ど無しだったけど盛り上がったなぁ。そしてマッコリを鱈腹呑んだ。涸沢&ザ・ストラッツGWツアーの会計がすべて終わり、本日で涸沢&ザ・ストラッツは散会。また集結しよう。

今度、もっと皆で行こうぜ、なんて言いながらマッコリをもう一杯、もう一杯。終わらないハイカーズ・ナイト。三鷹の夜は更けていく・・・

RIMG1802

TunelessハヤトさんのFlckrはここ

 

G. Love & Special Sauce - "Cold Beverage" 

 
 

1300632571_2

--------------------------------------------------------------------

Justgiving「ハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援」

今、自分が出来る範囲で。一人より皆で集める元気玉。

--------------------------------------------------------------------

« Patagonia Polarized Tee (パタゴニア・ポラライズド・ティー) | トップページ | Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) »

山(複数)」カテゴリの記事

高尾」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、一日中楽しかったですよ。
ほんとうにありがとうございました。

やっと、デイハイクまたはピクニックの楽しさに目覚めました。
テント張って寝ないと山に行く意味がない!の考えが、
山にはイロイロな楽しみ方がある!ってことに気がついた感があります。

でも、この日一番カッコヨカッタのは、栄ちゃんでのjackieさんですよ!

tunelessmelodyさん、どうもです。

梅雨時期は晴れ間を狙ってピクニックですよ。
でもピクニックって言えばユルくても引け目を(誰に?)感じずに済むしね。
でもデイハイクだったらもっと食材を豊かにグルメな感じにして行きたいな。
なので次回はもっと食事メインで行きましょう。

栄ちゃんではあっという間に時間過ぎてしまったので
今度は多摩川でオーバーナイトなんてのもやってみますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/40397818

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.0605.北高尾 OneDayピクニック(陣馬山~陣馬の湯):

« Patagonia Polarized Tee (パタゴニア・ポラライズド・ティー) | トップページ | Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ