« Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) | トップページ | 2011.070203 奥秩父(雁峠~雁坂峠~甲武信岳)2 »

2011年7月 9日 (土)

2011.070203 奥秩父(雁峠~雁坂峠~甲武信岳)1

新地平から甲武信岳。梅雨の合間の奥秩父周遊ハイク。

R0010134

以前、冬の奥多摩を一緒に歩いたアキラさんとLee。そして、GWの涸沢以降、陣馬山ピクニックなど最近、絡みの多いチュンレス・ハヤトさんの3人と1匹で奥秩父周遊ハイクへ行ってきました。今回はRayWayBackPackと自作のアルコールストーブの実戦テストも兼ねているので楽しみ。新しい道具を持ち出す時のわくわく感は異常ですね。

R0010103

始発の下り列車に乗り込み高尾駅へ。ここでアキラさんに車でピックアップをしてもらい西沢渓谷の道の駅に車を止める。準備を整え歩き始めたのが朝の8:30頃。まずは新地平の林道入口を目指す。写真をのんびり撮ったり樹皮や樹葉を調べたり。基本、ソロハイカーの集まりなので各自のペースで歩き、要所のポイントで合流。そんな感じで歩き始めた。

R0010105

数分のアスファルト林道歩きが終わると沢沿いの気持ちの良いトレイルをゆく。

R0010108

セミの声がかまびすしい。それだけでこの夏休み感。

R0010111

R0010125

開けたトレイルだったので直射日光が強い。出来れば日差しが高く登る前に森林エリアに入り込みたい。渡渉を数回繰り返してして歩いているとトレイルは森の中へ。森の中に入ると苔の絨毯が待っていた。おぉ、ここは涼しい。確実に5度くらい気温が下がってる感じがする。みんな無意識にトレイルの苔が少ないところを選んで足を運んでいった。

R0010130

R0010140

R0010146

途中の沢で水補給。前日の豪雨の影響か小さな葉や木のクズ等の浮遊物を確認。そういった場合はシャツとかで一旦濾過してからセイシェル入れろ、って三鷹で教わったけれどすっかり忘れてた。あぁ、カーボンフィルターの寿命が・・・。数カ月に及ぶロングハイクだとこういった小さな事柄が後で響いてくるんだろうなぁ、なんて思いながらポンピング。次回から気を付けよう。ハヤトの分もココで補給。

R0010147

原生林の中で沢と出会ったり別れたりしながらトレイルは奥に続いていく。

 

トレイルを歩いているとLeeがいきなり猛ダッシュ。耳を横に倒し、尾っぽをピンと一直線に張り森の奥へ駆け込んでいく。驚破(すわ)何事ぞ、と思いLeeの走りこんだ先に目を遣ると鹿が数頭駈け出している。地ベタを走る小さな白黒の弾丸となったLee。地の利はこちら側にある、とばかりに斜面を飛ぶように滑走する鹿。映画のワンシーンのような光景が目の前で繰り広げられる。藪を切り裂く物音が消え、森に静寂が戻った数分後、僕の歩いている横の茂みからLeeがひょっこり顔を出した。僕に一瞥をくれたLeeは直ぐ様アキラさんを追う。そしてアキラさんに報告が終わるとこちらに振り返り満足気にペロりと鼻を濡らした。相変わらずだぜ、山シャチ。しかと見届けた。アキラさんは、先が思いやられるなぁ、と振り返り苦笑した。

 

奥秩父の原生林は奥多摩や高尾と植生に違いがあって面白い。あまり見たことが無い樹皮や葉が見受けられた。

これはコハウチワカエデかな?樹皮が成木なので地衣類が付いている。

R0010160

これは何だろう。ダケカンバだと思ってたけど・・・。良く見るとこの葉はイヌブナ?ヤマザクラ?樹皮の写真を撮り忘れているので判別が難しい。次回はちゃんとセットで写真を撮らなきゃいけないな。

R0010161

森を抜ければ峠はもうすぐ。

R0010175

R0010174

雁峠到着。さっきまでの晴天から一転、あたり一面を霧が覆う。ブドウ沢の方から霧が峠を通過していく。これはこれで涼しくて良いんだけどね。

R0010178

ここで昼食。この時、ハヤトの軽量装備に興味津々のガールと遭遇。三鷹のお店を紹介してあげたけどそのガールが発した言葉

「はじめてその筋の人とあったw」

で、ぼくら苦笑いw 

R0010185

ん?何か欲しいのか?って、そんな顔すんなやw なので持参したジャーキー(日本産)をご褒美で1本。

R0010180

休憩もそこそこにして先を急ぐ。

R0010197

雁峠からは奥秩父三連星こと、燕山、古礼山、水晶山の2000m級の三座を越えて行く。そこそこ見晴らしの良いトレイルだけど流石に今日は霧が濃く何も見えない。

R0010196

この霧の中、何撮ってんのかな。

R0010198

R0010202

水晶山を越えた辺りから霧が晴れて日差しが出てきた。と同時に羽虫の大群に襲われる。去年の今頃も奥秩父では羽虫に悩まされたのでバグネットをバックパックに放りこんでおいたのを思い出しバクネットを被った。Leeは大きめの羽虫をロックオンしてはパックン、パックンと跳びかかって空噛みをしている。羽虫と戦っているLeeの姿がむちゃくちゃ可愛い。

R0010212

意外とアップダウンのキツい奥秩父三連星を越えると雁坂峠と雁坂小屋の分岐が現れた。峠より小屋は標高は下がる。出来るなら標高を下げたくないけれど雁坂小屋での冷たいコーラの誘惑に負けて雁坂小屋へ続くトレイルに足を向けた。

雁坂小屋到着。ごめんください。

R0010217

・・・。無人のようですね。そもそも売店とか見当たらないし。もちろんコーラなんて売ってないし。そして暑いし。無駄に標高下げてしまった。あぁ、通年営業じゃないんだ。調べておけば良かった。

敷地探索に出かけてみると奥の方から好ましい感じの若い男女の笑い声が聞こえてくる。テン場は奥に有るんだね。あぁ、もうテント張って停滞なんだ。なんか青春っぽいし。羨ましい。

R0010218

僕等はまだ先を目指しますよ、と雁坂小屋を後にする。

そして日本三大峠の1つ、雁坂峠到着。

R0010224

ここから雁坂嶺までの上りが結構キツい。

R0010221

今回のハイクの気になる場所の1つに雁坂嶺の北東に伸びる尾根にある2113mの三角点がある。そこのフラットが気になったので行ってみたくなったのだ。遅れて雁坂嶺に着いたハヤトにベンチで待っててもらい、空身になった僕とアキラさんとLee(常に空身w)で2113mの三角点に向けて斥候に出る事にした。流石に薮が煩く濃霧が視界を奪う。

R0010231

シンプルな尾根なので外すことはないけど薮と倒木が行き先を塞ぐ。10分程度歩いてみてアキラさんと協議。空身なら行けないことはないと思うけど僕等のバックパックでは藪漕ぎ踏破は無理かも、と判断。引き返すことにした。秋になったらまた行くよ。あぁ、孫四郎峠・・・。

R0010230

時刻を見ると16時過ぎ。そろそろ幕営地を決めなければならない。途中の適当なフラットで行き倒れても良いけど、夕方から豪雨の予報が出ていたので頑張って甲武信小屋まで歩き通す事も考えた。しかし午前9時から7時間も歩いているのでアキラさん以外の2人の体力に不安が出てきた。早めに崩れてきた天候の事も加味すると破風山避難小屋まで行くので精一杯の様な気がしてきた。よし。避難小屋まで行こう。ハヤト、もうひと踏ん張りだ。あと少し。もう少しで楽になるぜ。

破風山を越えれば後は下るのみ。それにしても霧が更に濃くなってきた。

R0010238

結構、高度感あって楽しいトレイルなんだけど霧で何も見えない。まぁ、雲中ハイクって洒落込むのも良いかもね。

R0010244

ハヤトもう少しだぜ。あれ、結構元気みたい?

R0010246

R0010247

破風山避難小屋に到着。18時過ぎって事は行動時間9時間。流石に疲れた。

R0010248

雨はまだ降っていない。しかしこの雲を見ればそう遠くないうちにやってくるのは確実だった。僕等はタープやシェルターの事は後回しにして何の躊躇いもなく示し合わせたように破風山避難小屋に吸い込まれていった。

2日目へ

 

♪ You better come on in my kitchenit's Goin' to be rainin' outdoors

 

Robert Johnson - Come On In My Kitchen


 
 

1300632571_2

--------------------------------------------------------------------

Justgiving「ハイカーによる東北太平洋沖地震復興支援」

今、自分が出来る範囲で。一人より皆で集める元気玉。

--------------------------------------------------------------------

« Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) | トップページ | 2011.070203 奥秩父(雁峠~雁坂峠~甲武信岳)2 »

奥秩父」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

Jackieさん
こんばんわ。いつもRomさせていただいています。 私のTipsを一つ書きこんでおきますね。 ナルゲン フォールディングカンティーンにGSIのH2JO!っていうコーヒー用フィルターがフィットします。若干、カンティーンの口の一部をカッターで切り取るところがあるんですが、これを付けると、水の中の浮遊物の除去に有効じゃないか、と思っています。 自宅に準備したものの、未だお山にいけず、試してないんですけどね・・・。

おおー!JAM以外でお泊り!!!と、いうか、マーマーもどきでUL泊ですか~(笑)

是非装備表を公開して欲しいです。後、パッキングの画像とか解説とか(面倒くさそう)

フィルターを濾す話ですがあればロングハイクで長期でなるべくフィルターを
替えずに行くならって話であって日本のそこそこ綺麗な水であれば
ジャッキーさんのペースでも数年後ですよ、使用不可になるのは(苦笑)

僕も最初その件言われて使わなくなったプラティパスを3/4にカットしてバケツ代わりにしている
物に水を汲んで、再利用可能な繊維フィルター(コーヒー用、HDにも売ってた)を
ナルゲンの口に当てて濾していましたが面倒臭くなって最近ダイレクト飲みしてます。。。。

ナルゲンに直接フィルターとキャップつけるのもナルゲンの接着面壊れそうだし。。。
もー、細かく考えない考えない(笑)

マーマー買って物を詰めてみたけどJAMみたいになんでも押し込めないから
パッキングが難しいです。。。(大汗)


ジャッキーズブートキャンプ、パッキング編とか張りモノ系の講習会(どっかの公園で)希望しま~す。

お疲れさまです。この季節はけっこう虫も出るんですね。夜も多そうですか?
セイシェル、ナルゲンのに合わせているのですか。ポンピングがしやすいかとても気になるのですが。
最近、プラティパスのプラスチック臭がすこしいやで、山で無くしてから、イロハスのペットボトル中心にやってきたのですが、さすがに不便なので、ナルゲンのを買おうか迷ってました。

Rerereさん、初めまして。そして、どうもです。

おぉ、アドバイスどうもです。
GSIの珈琲用フィルターですか。
何か色々と使えそうですね。
なので改造も含めて是非、Rerereさんが人柱でお願いいたしますw

カイさん、どうもです。

装備は駄目ですよ。パックウェイトが重かったですね。
UCOのランタンにワイン、玉子にソーセージにベーコンもです。
日本酒もあったかなw
BWは5kg以下だったんですけどね。

カイさんも荷物減らしましょう。
大体、カイさんと僕は三鷹で怒られすぎですw

夏目さん、ご無沙汰してます。そして、どうもです。

暗くなると奴らは帰っていきました。
暗がりがダメなのかな。
なので避難小屋の扉を開けっ放しにしていても入ってきませんでした。

僕が使っているセイシェルは旧型の広口モデルなのでナルゲンに装着可能です。
現行のは細口なので装着出来ないはず。
フィルター自体は流用出来るんですけどね。
ポンピングは専用ボトルでやるよりナルゲンの方が楽だと思いますよ。
あと、新しいプラティパスは臭う、ってよく聞きますよね。
お酢で洗っても取れない、って。
このナルゲンは大丈夫なような気がするなぁ・・・

お酒はともかく(私は飲まないけど)木のカップやら傘もいらーん(笑)


はい、使わないのに買ったからには…で毎回BWが5kg台…(先日はまだマシになったと言われた)

この暑さで日傘を追加しそうです…(夏なのにBW6kg台に戻りそう)

着替えはこの時期の方が持ちたいですね(笑)

あぁ、行きたかったなぁ。だいぶ回復したので今週は歩いてみます。

セイシェル w/ナルゲンは、ナルゲンがポンピングに耐えられないからやめなさいと、シンさんに止められました。どの位で壊れるか試してみようと思いますw

>カイさん、どうもです。

傘とかサンダルとか着替えとかパッキングしてる、って事は
出発前から前から帰り道のこと考えてる、って事ですよね。
なんか、それ、悔しいなぁw

>バダさん、どうもです。

ほんと楽しかったですよw
次回はそんなに捻りを利かさないで良いので早く完治させてくださいね。

ナルゲン+セイシェルは去年の秋から使ってますけどまだ異常ナシです。
シンさんのはストレス掛かるところにダクトテープで補強してますよね。
それなら壊れる前に補強しておこうかな。
あと三鷹に在庫あるうちにスペアのナルゲン購入しときますか・・・

・・・って思って三鷹行くと欠品だったりするんだよなぁw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/40702772

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.070203 奥秩父(雁峠~雁坂峠~甲武信岳)1:

« Ray-Way BackPack Kit (2200ci Royal Blue) | トップページ | 2011.070203 奥秩父(雁峠~雁坂峠~甲武信岳)2 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ