« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)1 | トップページ | 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 »

2011年7月23日 (土)

2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)2

南八ヶ岳の硫黄岳ハイク。1日目の深夜。赤岳鉱泉から赤岳展望荘の灯を望む。

R0011968

日が沈み読書するには暗いけれど眠るにはまだ少し早い時間なので、赤岳鉱泉のお風呂に入ってみる事にした。タープテントに戻り熟睡している嫁を起こさないように着替えを持ち出して受付に向かう。以前に読んだ雑誌で ”入浴は18時まで。混雑時は宿泊者以外、お断りすることもあります” との記述が有った事を思い出したので幕営受付の時に聞いてみると”夜の20時までOKです。小屋の食事が18時からなのでそれ以降は空いてますよ”と教えてくれた。それなら調度良い時間じゃないかな。”今は誰も入っていないよ” の声を背中で受けながら暖簾をくぐり男湯に入ると貸切状態で誰もいない。ここのお風呂は石鹸が使えないので湯船からお湯を汲みとって白湯で頭と身体を洗う。湯船は大人が体育座りで5人入れる位の広さ。混雑時は大変そうだな、なんて思いながらも山の中で湯に浸かれる贅沢を満喫した。

風呂から戻っても嫁は眠ったまま。晩御飯の事を聞いてもウンウン言うだけなので一人蚊帳の外に出て一人分だけ作り一人で食べた。夜空に雲が掛かり始めている。晩飯は乾燥米とカップヌードル・リフィル。食後に砂糖をたっぷり入れた紅茶を飲んで締めた。嫁にはガスストーブのSPのギガパワーを渡してあるのでお腹が空けば自分で作るでしょう。 

R0011954

R0011963

食後は横になりながら読書したり地図を眺めたりして星空が綺麗に出てくるのを待っていたんだけど、いつの間にか眠ってしまったようだ。

日付が変わる頃に目が覚めた。気温は室内で12℃。少し肌寒い。

R0011979

月明かりがシルナイロン越しにタープテントの中を照らしていた。雲が晴れている。蚊帳から出てみると丸い月が赤岳鉱泉を照らしていた。

R0011970

R0011973

しばらくの間、色々な事を考えながら八ヶ岳の夜空を一人眺めていた。

 

2日目の朝に続く

 

1300632571_2

« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)1 | トップページ | 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします。
満月でしたね。朝、隣のテントの人が言ってただけで見てないですけど。。。

赤岳鉱泉に登場した先鋭的な幕、カッコいーなー。
居住性はどんなんでしたか?

夏の複数泊(とはいえ2泊か3泊)に向け、夫婦2人いけて設営場所を選ばず
そこそこの居住性で1kg以内の家探し中です。
ま、そんなんあったら既にバカ売れしてますね。。。

takemicchyさん、どうもです。で、いらっしゃい。

日付の変わる頃には雲が晴れて月明かりが眩しいくら位でした。

タープテントはウチの夫婦では調度良いサイズでした。
横幅が2.5m位あって頭と足元に荷物置けるので意外と広いです。
流石に稜線で張る気はないですけど森の中で雨以外ならコレで行きますよ。

2人用の万能ですか。難しいですよね。
僕もBDハイライトみたいな軽量の自立欲しいです。
でもハバハバHPが稜線の豪風で潰されるまでは使い続けますよw

今度はニアミスではなく、お会い出来るとよいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/40893545

この記事へのトラックバック一覧です: 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)2:

« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)1 | トップページ | 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ