« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 | トップページ | Mountain Hard Wear / Seta Strapless Running Gaiter »

2011年7月31日 (日)

Jaki Spirit Burner 『ミニ太くん』/深大寺山道具製作所 ~自作アルコールストーブ その1~

T's StoveさんのBlog 『アルコールストーブを創ろう』 を見ながら作ってみました。

R0012198

冒頭写真のストーブ、実は5号機。プロト1号機は気楽にダイソーで買ってきた千枚通しとカッターナイフの刃だけで製作。何とかそれらしく出来上がったけど千枚通しで開けたバーナー孔の精度が甘くて全く使い物にならなかった。プロト2号機は奇跡的に使えるストーブに出来上がり既に奥秩父、八ヶ岳と実戦投入済み。この2号機に気を良くして素人ながらも更なる改良を加えたつもりで作ったプロト3号機が酷いストーブ。そして迷走しながらも0.8mmと1mm径のピンバイスを購入、クオリティ・アップを図り作ったプロト4号機で遂にプロト2号機と同等の性能を再現することが出来た。そして遂に量産型1号機として製作したのがこの5号機になる。

では、製作行程を。今回は360mlアルミ缶ではなく160mlアルミ缶で製作しました。

R0012156

使う道具は千枚通しとピンバイス。あとはカッターナイフとハサミ、穴あけポンチなど。

R0012167

千枚通しで缶底のへりに沿って穴を開けて底を抜き、ピンバイスでバーナー孔を開ける。

R0012158 R0012159 R0012165

千枚通しでバーナー孔を開けても自分レベルでは問題ないですけど仕上がり的にはピンバイスの方が全然良いです。

R0012168

厚めの本(『小林カツ代の料理の辞典2448』)を用意して地面から約3cmの高さの位置にカッターの刃を設置。それに缶を当てながら回し切る。

R0012171 R0012176R0012177

余ったアルミ缶で3.5cm幅のシートを切り出してポンチでハーフホールを開ける。

R0012179 R0012181

もう1つのアルミ缶を同じく3cmの高さで切り出して底の部分にする。そして内側にカーボンフェルトを巻き入れる。

R0012182 R0012184

先ほどの3.5cmの幅のシートを内壁として仕込みジェット孔を開けてある上部位を重ねれば完成。

R0012185 R0012186 R0012191

Jaki Stove 『ミニ太くん』。重さは8g。160ml缶で作っているのでサイズは小さめ。充填出来るアルコール量は1oz位。しかし400cc程度の湯沸しで済む夏場では必要にして十分なサイズじゃないですかね。

R0012188 R0010017

下の塗装を剥がしたストーブはプロト2号機。奇跡的に使えるストーブに仕上がったので既に実戦で使ってるヤツです。時間があれば塗装を剥がしてヘアラインを出すのも良いですね。

後ろに写っているT's StoveのカップインTi五徳と組み合わせで使ってます。このカップインTi五徳の使用を前提にして、この背丈の低いJaki Stove『ミニ太くん』を作ったと言っても良いくらいです。

R0010033

一応、エバニューの五徳も使えます。でも、もう少し炎から高く離したいかな。

R0011841

T's StoveさんのBlog 『アルコールストーブを創ろう』 では親切に作り方を教えてくれているので既に作られている方も多いと思います。しかしこのストーブは作業行程を勝手に省いて作った手抜き仕上げ。なので説明通りに作ればもっと綺麗に仕上がりますよ。

次回、トランギアとの性能比較などやってみる予定。一応、テストは済ませてるんですけどね。

 

詳しくは本家サイトとブログで。

T's Stove

アルコールストーブを創ろう

 

Tommy Johnson - Alcohol And "Jaki" Blues


 
 

1300632571_2


« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 | トップページ | Mountain Hard Wear / Seta Strapless Running Gaiter »

MYOG」カテゴリの記事

コメント

ピンバイス、小学生時代にミニ四駆にハマっていた頃、
軽量化の為にシャシーを穴だらけにしたことを思い出します。。
あぁ、そんなことはどうでもいいですよね。

それにしても楽しそうな工作風景、道具さえ揃えば私もやってみたくなります。
カッターの刃をカツ代先生の本に挟んで回し切る、と。
以前フリーハンドで金属鋏使って切った缶の仕上り具合が不満だったので、
この方法も参考にしてみます。

ようようさん、どうもです。

ようさん、ミニ四駆世代ですか。
何か時の流れを感じますねw

今まで難しいと思って製作をスルーしてた輪切り工程が
カツ代先生の本を利用すれば簡単に出来るんですよ。
それが発見でした。

今度は160ml缶より小さい『ウコンの力』の缶を使った
『ミク郎君』を作る予定です。
なので『ウコンの力』を飲んだら空き缶くださいね。

ジャッキーさんお久しぶりです!というか覚えてるでしょうかねぇ・・・
地図読みに参加してたじゅんこです。
アルコールストーブかわいくできてますね。
実は奥多摩でお会いしたときはこのHPのジャッキーさんとは気づきませんでして。
だいぶ前から密かにみてたんです。
八ヶ岳の写真きれいでした。いい天気でしたねぇ。
きっと今頃どこかの山に入ってるんでしょうね。
upされるの楽しみにしてます。

じゅんこさん、どうもです。
お盆休みでゴタゴタしてまして返事遅れてしまいました。
お盆山行の行き先が2転3転しまして、結局は北岳に行ってましたよ。
UPはそのうちにw

その節はどうもでした。
僕も草花に造詣の深いじゅんこさんに影響されました。
手始めに「樹皮ガイドブック」なるものを購入して
ハイキング中に樹皮と睨めっこしてます。

それよりもJMTの話聞きたいなぁ。
ハイカーズ・パーティーで一席設けましょうw
駄目なら隣のデイリーズでw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/41026592

この記事へのトラックバック一覧です: Jaki Spirit Burner 『ミニ太くん』/深大寺山道具製作所 ~自作アルコールストーブ その1~:

« 2011.7.16.17 八ヶ岳 (赤岳鉱泉~硫黄岳)3 | トップページ | Mountain Hard Wear / Seta Strapless Running Gaiter »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ