« 2011.0923.24.25 秋の湯けむりハイキング in 八ヶ岳 3 (渋ノ湯~赤岳) | トップページ | Antigravity Gear Katahdin Stove、その後。 »

2011年10月16日 (日)

Flame Reducer (For AGG Katahdin Stove) 試作モデル

AGG Katahdin Stove専用の減炎装置/深大寺山道具製作所

R0014136

 

Katahdin Stoveの高さにあわせてカットしたTrail DesignsのWindscreenの余りを流用して製作。

キッカケは先日、奥多摩に行ってすき焼きを作った時にKatahdin Stoveだと火力が強すぎて吹きこぼしそうになった事から。その時はアストロホイルで作ったコジーに入れて保温調理を組み込んで上手く調理出来たんだけどね。でもトランギアみたいな火力調節蓋が付いていればもっと楽に出来るし、炊飯も出来るのになぁ、と。強い火力が売りのKatahdin Stoveの減炎させるために、以前から考えていた自作のトランギア専用減炎装置の構造を流用して作ってみた。

R0014138

偉そうに言ってるけど要はアルミ製のリングをかぶせてジェット孔の数を半分塞いでしまう事で減炎させるシステム。

R0014141

キッチンでのテストでは沸騰後もバブリングをかなり良く抑えた沸騰を見せてくれた。これなら吹きこぼす事も無いであろう。正に期待通りの働きを見せてくれた。

R0014157

マルタイ棒ラーメン、すき焼き、キムチ鍋と煮込みだけじゃなく、この火力なら炊飯も行けるような気がする。

これから冬に向けて、温かい料理を作り、体を温めてから寝袋に潜り込みたいじゃないですか。今後、アルコールストーブでの料理のバリエーションをを増やして行きたいので、手前味噌になりますけど、このFlame Reducerには期待してますよ。

素直にガスストーブ使えば、ってツッコミはなしでw

 

Dead Boys - Sonic Reducer 

« 2011.0923.24.25 秋の湯けむりハイキング in 八ヶ岳 3 (渋ノ湯~赤岳) | トップページ | Antigravity Gear Katahdin Stove、その後。 »

MYOG」カテゴリの記事

コメント

ほうほう、なるほどナルホド。
このリングにつまみを付けて、左右に回すことによって穴の数を火がついたままでも何段階かに調整出来るようにすれば、初めチョロチョロ中パッパなんてのも簡単に出来そうですね。
ちょっと考えてみよっと。

Akinoriさん、どうもです。

このカタディン・ストーブに惚れ込んでまして。
一人、勝手に盛り上がってる次第ですよ。

ジェット孔をいくつ残すかの調整が苦労しましたけど
スライド式なら解決ですね。
実は最初に考えたのがスライド式なんですけど
Trail Designsのアルミ材が手元に無くて。
手元にあるもう少し薄いアルミシートだと溶解して使えないし。
ジョイフル本田で少し厚いアルミシートを買ってきたら再開しますよ。

兄ちゃん、おいらも欲しいよー。

こんにちは。いつも楽しくBlog拝見させていただいてます。

アルコールストーブを買いたいなと前から思っております。

自分は湯を沸かすだけの使用で考えているんですが、
「Katahdin Stove」は火力強いとの記述に目を奪われました。

実際使っている人がまわりにいませんので書き込んでみた次第です。
湯を早く沸かすためのアルコールストーブなら「Katahdin Stove」は買いでしょうか?

何卒ご教授ください。宜しくお願いします。

何でも作ってしまいますね!!
しかしシンプルで良さそうなストーブですね。
ゴトクが要らないんですねー。

>某ズッカさん、どうもです。

そのうちな。

>yujiさん、どうもです。

カタディンは平底用に設計されているので平底鍋をお持ちならアリかと。
でも結構、トンガッたストーブなんで最初の1台としてはどうですかね・・・

こんな僕で良ければお話ししますけど
自分的にアルコールストーブでベストなのはトランギアだと思ってます。

よくUL系の人からは重い、といわれますけど
蓋とキャップを外せば60g程度になりますし
逆にその重さが地面に小砂利があったり、フラットじゃない所でも
ストーブの安定感を産みますしね(これは結構、重要だと思っています)。
エバニューのトランギアタイプのチタンストーブは
逆に軽すぎて安定感に乏しい、という人もいました。(もちろん異論は認めます)

あと、火力が強い、といってもトランギアと比べても1分も差は出ません。
それより気温、湿度等の気象条件の与える影響の方が大きいかと思います。
それに素材の違いも大きいですね。

でも最初の一台ならトランギアですよ。
それに、俺はトランギアでアルコールストーブを学んだ、っていうの、
格好良いじゃないですかw
カタディンに関しては自分なりに思う所有って魅力を感じているだけで
僕一人で勝手に騒いでるだけですよw

長くなりましたけどアルコールストーブは安いし自作も簡単ですし
色々買って試すのもアリですよ。
ぜひ、最高な1台を見つけてくださいね(偉そうですいません)

>96さん、どうもです。

そうなんですよ!五徳要らずなんです。
僕は五徳でかなり悩んだ口なのですが
五徳要らずのサイドバーナーは盲点でした。

まだ試作運用段階ですけど沸騰したらリング装着ってのが良いのではないかと。
沸騰してもプクプク程度のバブリングなので吹きこぼれ無しですよ。
もはや、すき焼き専用機といっても過言ではないですw

なるほど~、トランギアですか。

説明すごく分かりやすかったです。すごく視野が広がりました。
実際にフィールドでガンガン使ってる方の意見はためになります!

これからもブログ楽しみにしています。
またなにかありましたらいろいろと教えていただきたいです。どうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/42530801

この記事へのトラックバック一覧です: Flame Reducer (For AGG Katahdin Stove) 試作モデル:

« 2011.0923.24.25 秋の湯けむりハイキング in 八ヶ岳 3 (渋ノ湯~赤岳) | トップページ | Antigravity Gear Katahdin Stove、その後。 »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ