« 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その1 | トップページ | 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その3 »

2012年2月19日 (日)

2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その2

長沢背稜にて。

R0015580

日没後もハイクを続け長沢背稜にまで到達したのは18時を大分過ぎた頃だった。ビバークに適当なフラットを見つけてタープの設営に取り掛かる。積雪はスネから膝下でサラサラのパウダー。先ずは二人で手分けして雪面を踏み固める。細かな起伏はスノークローで整地をして3m四方のスペースを確保した。

R0015560

今回の幕は僕もバダさんもIntegral DesignsのSil Poncho。以前から試してみたかった張り方を試すために二人で示し合わせてコイツを持ってきた。その試してみたかった張り方とは連結張り。シルポンチョを2枚連結させ二人で寝る事で少しでもタープ内温度を上げてみよう、との試み。長沢背稜の森の中なので風向きさえ上手く躱せれば結露も少なく快適なタープライフが送れるかな、と。しかし実際に設営を始めると積雪が30cm程度(微妙)な上にパウダー気味。雪の締りが悪くスノーペグが効き難い。結局、雪を掻いて予備で持参していたニードルステイクを地面に打ち込み何とか設営。

R0015579

R0015581

R0015577

設営したタープに荷物を放り込み、先ずは抹茶を淹れて一息。今回持参した火器はAntigravityGearのKatahdinStove。去年の秋から気に入って使っているアルコールストーブ。五徳不要のサイドバーナーで高火力。平底鍋専用でミニトラ(トランギアのアルミ鍋)と組み合わせるのが気に入ってる。風防はサイズを詰めたTrailDesignsのVari-Vent Windscreen。オールアルミの組み合わせ。

R0015563

一方、相棒のバダさんの火器はMBD BiosStove#1にEvernew Ti UL 600ml Pot。風防は僕と同じくTrailDesignsのVari-Vent Windscreenだけど取っ手の部分を曲げて使っていた。

抹茶で一息着いたので晩飯の用意に取り掛かる。今回はマルちゃん「正麺」味噌味。コイツは四角形麺が殆どの袋麺業界では数少ない円形麺。円形なので丸底コッヘルで割らずに作れる。他に流通している円形袋麺はチキンラーメンと辛(シン)ラーメン位しか知らないので醤油、味噌、とんこつと三種類の味を選べる「正麺」は僕のファーストチョイス。正に山専袋麺ではないだろうか。

R0015567

R0015570

卵を落として完成。自作のFlameReducerで吹きこぼれ無し。野菜と卵でかなりバルキーな仕上がり。旨し。

R0015572

食事後の抹茶も飲み終わり僕は寝袋に足を突っ込み今日痛めた右膝を揉み込んだ。バダさんもヌナタクのゴーストに半身入りながらお茶を啜っている。お互い一息付いた所で明日の打合せをした。

R0015584

このままトレースが付いていない長沢背稜を進むのはかなりタフなハイクになるのではないか?しかし来たタワ尾根を戻るのも厄介だ。実はウトウの頭の北側のコルの周辺が雪で埋もれた倒木と露出する岩のやせ尾根で歩きにくかなり苦戦したのだ。ニ、三、言葉を交わした後、僕らは予定通り長沢背稜を歩く事を選んだ。やっぱり雪の長沢背稜を歩きたかった。その後、エスケープルートの確認をしたり他愛のない会話を交わしながら僕らは水やカメラを寝袋に放り込み寝る準備を始めた。

 

今シーズン、冬季低山用スリーピングマットとして好んで使用しているのがアストロホイル120cm(140g)と山と道U.L.Pad15s(75g)の組み合わせ。トータルで215gと実に軽量なシステム。-15度までなら今のところ問題なし(個人的に)。-20度超えが予測されるならマットを山と道U.L.Pad15s+(113g)に変更を検討しているけれども、奥多摩周辺なら今回の組み合わせで十分かな。一方、相棒のバダさんはオーソドックスな僕と違い、変態的な組み合わせを試みていた事を此処に記しておく。

 

温度計を見ると気温は-12度。思いのほか気温は下がらなかった。もちろんタープと地面の隙間は雪で埋めてあるので隙間風も皆無。それよりも36度の熱源が二人屋根の下にいるので温かい。ただし、足元を入り口に向けているのでWMバーサライトの足元にベルメゾンダウンケットを詰め込みブースト。そして化繊は温めてから使え、との放置民の兄貴の教えに従ってお腹で温めていたIntegral DesignsのHotSocks。これで下半身は準備万端。雪の静かな夜、二人でタープに寝るのも悪くないな。

 

R0015588

冷たくなった鼻先を撫でながら外に目をやると入り口に掛けてあるランタンの炎がゆらりと影を揺らした。風もないのにゆらゆらと。そしてまた、ゆらゆらと。だんだん意識が遠くなっていく・・・

 

つづく。

 

Dark Was The Night, Cold Was The Ground / Blind Willie Johnson

« 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その1 | トップページ | 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その3 »

奥多摩」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

ツートーンのシェルターみたいで美しい…。斬新でかっこ良すぎます!僕も大小のタープ2つで2人用シェルターを妄想しちゃいました。真似させてください!

僕のほうがオーソドックスだからw 普通でないのはやまみちマット!
あと、ゴーストじゃなくて、Akura Half Bag + トップキルトです。寒かった!

takeちゃん、どうもです。

いいでしょw サイズ違うとどうなるか分からんけどやってみせてね。
でも奥さんと二人ハイク用の軽い幕として
シルポンチョ2枚買うってのもお勧めしますよw

バダさん、どうもです。

そうだったんだ。あまり道具の名前覚えられないんだよねw
バダさんの装備品のリストもらって今回のハイクの装備編を書こうかな。
その時はよろしくw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/44072040

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その2:

« 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その1 | トップページ | 2012.0204.05 タワ尾根~長沢背稜 その3 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ