« 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石) 1 | トップページ | 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石)3 »

2012年4月17日 (火)

2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石)2

黒百合ヒュッテにて。

R0016222

 

夜中に目が覚めたのは吹雪いた雪の礫がシェルターの壁を叩く音だったか。それとも顔に舞い落ちる氷粉を払う為か。吹雪が幕を揺らすたびに天井から氷粉がパラパラと舞い落ち、隙間風が鼻先を冷やす。とにかく起こされた僕はひっくり返された亀のように首だけを持ち上げて胸元まで落ちていたヘッデンを額までずり上げ辺りを照らしてみた。

 

”なんじゃこりゃ!” 

R0016193

最大積雪量は約3cm。風上に面しているシェルターに暴風がぶつかる度に隙間から粉雪が吹き込んでくる。Ptarmigan Bivyの上にもうっすらと雪が積もっている。特に酷いのが入り口の土間付近。吹き溜まりになってる・・・

今が何時なのか。時計を確認する気も起きなければ、今更雪かきする気も起きない。現実逃避。一応、写真を数枚撮って(そういった気は働くんだw)ほっかほかに暖まったWestern Mountaineering Versaliteの奥深くに潜り込んだ。Ptarmigan Bivyのチャックを全部閉じて。そんなコトしたら結露がヤバいんじゃないの?なぁに、この氷点下の気温が全部凍らしてくれるさ。それにどうせ一泊だし。

再び胎児の様に丸くなりシェルターを叩く風の塊が訪れる周期を測っていると、知らぬ間に落ちていた・・・

 

翌朝。

R0016224

相変わらず吹雪いてる。視界も悪いし。ねぇ、こんな天候でも天狗行く?

 

”ん?行けるんじゃないの?(アキラ)”
 

”チャレンジしない敗退は好きじゃない(バダ)”

 

も、もちろん、い、行きますよ。行きますですけど・・・

このまま下山して温泉でも、なんてヌルい事考えていた僕を見透かしてか、二人共せっせと準備を始めてる。そうなると不思議なもので腹も括ってヤル気が出てきた(ホントだよ)。全く頼もしい二人だぜ。

枕元の土間も足元も雪まみれ。スノークローで表に押し出してスペースだけは確保。土間の吹き溜まりは水を作る為にそのままにしておく。

R0016211

夜中にトイレに行ったアキラの話だと小屋の温度計は-17度を指していたそうだ。行く前は寒くても10度前後じゃないの?なんて思ってたから予想以上に昨夜は冷え込んでたみたい。シェルターから出ると細かい吹雪が視界を塞ぐ。やたら元気な学生達の天狗岳出陣とは対照的に、フードを深く被り背中を丸めた小兵の僕は黒百合ヒュッテのトイレに向かい小又で歩いて行く。うぐぐ、さむいよう。

R0016242

朝で-16度。

R0016225

何とか吹き飛ばされずに済んだ僕らの寝床。シルポンチョだった事を想像すると・・・ガクガクブルブル

R0016220

R0016219

テン場に戻ると二人共食事の真っ最中。アキラは寒くても吹雪いていても外でご飯を作って食べる。それが彼のスタイル。もちろんLeeもそれに倣う。

R0016209

バダさんが張った床付きのツェルトⅡ (HD Long ver.)は床付きなので吹雪の侵入をシャットアウト。冬こそツェルト、を実践して見せてくれた。そしてバダさんと言えばカルデラ。そういえばストーブがいつものジャキストーブじゃなかったな。

R0016216

放尿して身体も軽くなれば人間腹が減る。先ずは雪を溶かして甘々の紅茶を一杯。血の巡りが良くなった所で調理に取り掛かる。といっても茹でるだけだけどね。

いつもの「リッチ生パスタ(どうやら廃盤になった模様。残念!)」と「カゴメの業務用ミートソース」。あとチーズを少々。

R0016226

またどこかで会えるといいな。

R0016227

ガス缶の下にもアストロホイル。効果あったような、無いような・・・

R0016228

R0016230 R0016231 R0016234 R0016235R0016238

生パスタなので折り曲げられるし、たった4分でアルデンテ。一つのお鍋でソースとパスタを同時に茹で上げる事が出来るのだ。あぁ、旨し旨し。パン持ってくれば良かったな。

食べ終わって抹茶を啜ったらさっさと撤収しないとね。

 

それにしてもシェルターの中で雪まみれになるとか考えた事も無かった。どうせシャン1は厳冬期用なんだから、一層の事スノーフラップとかMYOGっちゃおうかな。

それにしてもこの天気といい最近の僕は色々とツイてない。まぁ、でもここまで来てるんだから天狗のピークは踏みたいよね。よし身体も温まってきた。今シーズン最後の雪山を勝利で飾ろうぜ。

 

さぁ、待ってろよ、天狗岳!

 

R0016254

 

ゴルフに出掛ける予定を入れたら

賭けても良い。必ず雨になるから

もしパーティの準備をすれば

上の部屋の住人に苦情を言われる

風邪を引くとか電車に遅れるのは

僕の人生ではまだマシなほう

僕には本当どんなことでも起こる

 

電報も打ったし電話もかけた

特別便のエアメールも出したけど

君からの返事は「さようなら」

しかも郵便料金不足のオマケ付き

今まで恋に落ちたのは一度きり

そのたった一度の恋、それが君だったのに

僕には本当どんなことでも起こる

 

本当に僕はツイてない。

 

Everything Happens To Me / Duke Jordan

« 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石) 1 | トップページ | 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石)3 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/44860031

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石)2:

« 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石) 1 | トップページ | 2012.0324.25 八ヶ岳スノーハイキング (黒百合平~高見石)3 »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ