« UltrAspire Spry Tuned /Jindaiji Mountain Works | トップページ | 2012.0812.13.14.15 ハイク雲ノ平 その1 »

2012年12月29日 (土)

Blues After Hours的MYOG/Jindaiji Mountain Worksの仕事2012

Jindaiji Mountain Works Collection 2012.

写真 2012-12-22 23 14 34

R0016044
Hiker's Party2012 Spring 「MYOGの世界」より

 

2012年に作ったけれどブログで紹介する事がなかったMYOGを時系列に沿って紹介したいと思います。

 

Eazy Preheater Mat (For Primer Pan)
 
AGG Katahdin Stoveに付属しているPrimer Pan専用のイージープレヒーター。氷点下、冷温になったアルコール燃料の気化を促進させる為のカーボンフェルト製のマット。Katahdin Stove以外にもJaki Stove(MYOG)やTR-B25(Trangia)でも使用可能。

この組み合わせは雪山すき焼き等で活躍してくれました。

*後ろに見えるリングはFlame Reducer(減炎装置)。

R0015752

Pocketable Paper "Sil" Sack

シルナイロン製のポケットティッシュ袋。(Silnylon 1.1oz Ripstop 30D)
サイドを蛇腹にしたのでポケットティッシュなら3ヶ、標準的なサイズのポケットウェットティッシュなら2ヶ収納。カラビナループ付。

仲間内でもかなり評判が良く量産を考えたほどでした。これも実際に山で重宝しています。

R0015818


Cuben Fiber Wallet

キューベンファイバー製のハイカーウォレット。これも山行く時は使ってました。最近は友達が作ってくれた絶妙なサイズ感のHiker Wallet (Ridge Mountain Gear)を使ってます。

R0015851


Pocketable Paper "Fake Dyneema" Sack

先ほど紹介したポケットティッシュ袋の赤ダイニーマ(フェイク)バージョン。防水では無いので山ではちょっと使えないです。でも見せると”赤ダイニーマ?”と反応があるのでネタ的にw

R0015844

 

Ultralite Pack Pocket

Golite Pinnacle用のバックパック用の外付けポケット(Silnylon 2.2oz Ripstop 70D)

外付けだと引っかかるので今はエマージェンシーキットを入れて使っています。

R0015946

 

Side Adjuster Strap (for Golite Gust)

サイドストラップの装着されていないGolite Gust用の後付けサイドストラップ。バンジーコード等を通すループを流用して装着した着脱式ストラップなのでバックパック自体にはハサミや針などを入れずに装着可能。

これは結構便利です。ループタブを利用して本体に傷を付けずに装着できるんだけどGustでもループタブが付いて無いモデルもあるので付いているモデル限定。

R0015976

 

Sternum Strap (for Golite Gust)

一応、スターナムストラップも製作。サイドストラップと同じく本体を切り刻む事無く着脱式で。

R0016007

 

Template Sheet Tyvek Proto (for Shabgri-la 1)

誰でも簡単にShabgri-la 1のペグ位置が決められるテンプレループ付きグランドシート。慣れないと設営が難しいシャン1。でもこのテンプレートを使えば誰でも簡単に短時間でShabgri-la 1をパリッと張れるようになります。

嫁がシャン1持って女友達と2人(相方は三鷹ツェルト)で八ヶ岳に行くというので作ってあげました。誰でもAフレームが簡単に決まります。キューベンで作ればもっと軽く出来ます。

*Shabgri-la 1 Floorという商品でもペグダウンが楽になるようですが実測で200gを超えるらしいとの事(Template Sheet Tyvekは実測142g)

DSC00721

 

Anti Flapping Cord System(for Sil Poncho)

これはブログでも書きました。実際に雨の奥秩父で活躍してくれました。

R0018910

 

Baguette Sack Tyvek

これもブログで紹介しました。2013年も積極的にフランスパンを持ち出そうかと。

R0017624

Jaki "Solid Fuel" Stove (Proto)/

試作アルコールストーブのリサイクル。別名”Kokenen Boy Slim"。重量4g。固形燃料を見直すきっかけになったプロダクト。

R0018408

 

Kinsman Pullover Kit (thru-hiker.com)

化繊インサレーション・プルオーバー。プリマロフトを一番厚い6 oz/sq yd (200 g/sqm). loft =1.2"を仕込んである。ポケットの類が一切ないのでイマイチ使いにくい。3シーズンはコイツでハイクしたい。実は1着失敗しているので2着目。もう縫いたくないw

R0019242

 

UltrAspire Spry Tuned

等を外付けする事により容量の少ないSpryの背面ポケットをフル活用出来る様にした。尚、2013年発売のSpryのバージョンアップ版の様なUltrAspire/Alphaにはバンジーループを標準装備している模様。

UltrAspire/Alpha

R0020411

 

Jaki Bivy (Pertex Quantum20d&Silnylon30d)/Jindaiji Mountain Works

Jaki Bivy 168g (5.9oz)
Top:Pertex Quantum20d
Bottom:Silnylon30d

2012年最後のMYOGはパーテックス・クワンタムをトップパネルに使用したビビィ。TGのターミガンビビィをベースにボトム生地を更にバスタブ気味に立ち上げた設計。口元に取り付たメッシュは裏にフラップを装着しているので冬場は中から閉じる事が可能。重さは168g。予算の関係でボトム生地はシルナイロンにしたがキューベン生地採用ならもっと軽く出来る。

年越しハイクの雪山でテストしてきます。

R0020390

 
 
 

こうやって振り返ってみると結構作ってました。今年はバックパックを作ってなかったのが心残り。来年はバックパックを縫いたいですね。これ以外でもキューベン生地のノーシーム・スタッフサックやペグ袋などの簡単なモノや道具の修理や補修で日常的にミシンを走らせていた2012年でした。

他には自分も管理人として名前を連ねさせてもらっているFB内にあるコミュニティ「MYOG Japan」の活動に興味を持ってくれた雑誌「SPECTATOR」 さんがMYOGを特集する、との事で恥ずかしながらもMYOGerの一人としてJindaiji Mountain Works(深大寺山道具製作所)紹介してもらいました。

"LET’S MYOG「自作アウトドア・ウェア&ギアの世界」
アウトドアの道具は自らの手で作る!
最先端バックパッキング・ムーヴメント、MYOG(=MAKE YOUR OWN GEAR)の全貌"

 

http://www.spectatorweb.com/images/vol26.jpg
 
 
色々あったMYOG2012。来年は何を作りたくなるのかな。今からちょっと楽しみです。

 

以上、2012年のBlues After Hours的MYOG/Jindaiji Mountain Worksを振り返ってみました。

 

  
Work Song / Cannonball Adderley Sextet
   

« UltrAspire Spry Tuned /Jindaiji Mountain Works | トップページ | 2012.0812.13.14.15 ハイク雲ノ平 その1 »

MYOG」カテゴリの記事

雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/48508463

この記事へのトラックバック一覧です: Blues After Hours的MYOG/Jindaiji Mountain Worksの仕事2012:

« UltrAspire Spry Tuned /Jindaiji Mountain Works | トップページ | 2012.0812.13.14.15 ハイク雲ノ平 その1 »

フォト

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ