« サーモスFEK-500「山専ボトル」の塗装剥し | トップページ | 2012.1103.04 長沢背嶺・タワ尾根ハイキング その2 »

2013年3月17日 (日)

2012.1103.04 長沢背嶺・タワ尾根ハイキング その1

秋の奥多摩・長沢背嶺ハイキング。

R0019655

takemiccyさんの同日記事はこちら

Untitled

紅葉を見ながら静かな尾根歩き。今回の長沢背嶺ハイキングは友人夫婦と一緒。彼らは1本後のバスに乗ってくるので僕たちは先に三峰神社から出発。”芋の木ドッケで逢いましょう”を合言葉に紅葉を見ながらのノンビリと行きます。

R0019610

Untitled

R0019628

R0019620

R0019636

R0019639

R0019645

Untitled

芋の木ドッケの手前でtakemicchy夫婦と合流。かなり飛ばしたみたいで額の汗が光っていた。僕らは”寒いね”なんて言っていたんだけどね。

R0019659

R0019660

R0019661

向こうに見えるピークは雲取山。

R0019665

R0019667

雲取山に日が沈む。

R0019673

暗くなる前に適当なビバーク地を見つけて幕営。設営が終わる頃に辺りは真っ暗。晩飯の準備に取り掛かります。

エスビットで炊飯。

R0019681

R0019694

すき焼き。

R0019689

彼らは火鍋。〆のラーメン投入したりしてた。

R0019675

食後もお酒を飲みながら少しだけ夜更かし。

 

そんな彼らは幕営別居w

SixMoonDesignsのLunarSolo(夫)

R0019704

Terra NovaのLaser Competition1(婦)

R0019709

R0019702

 

放射冷却でかなり冷え込んできた所でお開きに。

 

おやすみなさい。

 

 

続く

 

 

« サーモスFEK-500「山専ボトル」の塗装剥し | トップページ | 2012.1103.04 長沢背嶺・タワ尾根ハイキング その2 »

奥多摩」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/50789789

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.1103.04 長沢背嶺・タワ尾根ハイキング その1:

« サーモスFEK-500「山専ボトル」の塗装剥し | トップページ | 2012.1103.04 長沢背嶺・タワ尾根ハイキング その2 »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ