« 2013.0101.02 八ヶ岳スノーハイク1 | トップページ | 2013.0113-14 南アルプス・スノーハイク1 »

2013年5月22日 (水)

2013.0101.02 八ヶ岳スノーハイク2

二日目の朝。

Untitled

R0020632

夜中は風上が足下だった。そこで荷物を詰めたパックライナーを足元の隙間に詰めて吹雪の侵入を防ぐつもりだったがどうやら夜中に風向きが変わったようだ。朝起きると枕元が雪まみれになっていた。

 

ビビィに入っているので問題はないけれども。(写真はMYOGのJMWパーテクス・ジャキ・ビビィ) 

R0020634

枕元の雪を掻き出してから朝食の準備。

フロアレスだと水作りの為の雪をわざわざ外に取りに行かなくて済むので便利。

R0020639

R0020636

Untitled

 

 

出入り口に積もった雪を退けて表に出る。雪で埋まったスノーシューを掻き出して撤収。 

R0020641

曇天。吹雪。既に昨晩の吹雪で南八ヶ岳に抜けるのは困難と思い撤退を決めていたので素直にピラタスロープウェイまで戻る事にした。

 

気温がかなり低い。何度まで下がっていたのだろうか。とにかく寒いのでダウンジャケットを着たまま行動した。

Untitled  

Untitled

雪原。

トレースもないので森への入口が不明瞭。時折、流れてくる吹雪に一瞬視界を奪われる。少しビビる。

Untitled

森の中に入ればホワイトアウトも問題なし。赤リボンを辿っていけばピラタスまで行ける。

R0020650

しかし、ピラタス手前でホワイトアウト。前後左右の視覚が奪われて停滞。ビビる(本日2回目)

Untitled

ピラタス着。

R0020657

R0020658

そば食べて。
R0020667
茅野駅から歩く事、15分。
R0020670
高速バスで深大寺バス停まで。
R0020673
R0020678
 
 
おつかれさまでした。 
 
 
雪原に沈む夕日やホワイトアウト。自然の持つ美しさと厳しさ。スノーシューを履かなければ成立しないハイク。やっぱりスノーシューハイキングは素晴らしい。 
1泊2日で帰る事になってしまったけれども・・・
 
おわり

« 2013.0101.02 八ヶ岳スノーハイク1 | トップページ | 2013.0113-14 南アルプス・スノーハイク1 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

山(複数)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
スノーシュー楽しそうですね。
お聞きしたいのですが、スノーハイキングではどのようなシューズをはかれていますか?また、おすすめ、気になるシューズがあれば教えていただけませんか?

rangaさん、はじめまして。

僕はメレルのスイッチバックという5年前に買った靴を履いています。
ゴア靴はこれしか持ってないので重いのですが雪山の時だけ履いています。
嫁はモントレイルのAT Plus GTXというローカットシューズです。

二人ともネオプレーンのシューズカバーをしているので
ベルトの締め付けも気にならず装着感も悪くないですよ。

スノーシューじゃなきゃ見れない景色がありますよ。来シーズンは是非!

なるほど。シューズはゴアのようなもので、ネオプレーンのシューズカバーで保温効果を高めているのですね。
シューズカバーは調べると自転車用が多いようですね。

また、なにかわからないことあれば質問させてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371618/51695152

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.0101.02 八ヶ岳スノーハイク2:

« 2013.0101.02 八ヶ岳スノーハイク1 | トップページ | 2013.0113-14 南アルプス・スノーハイク1 »

フォト

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ